特定非営利活動法人

町田ヒューマンネットワーク

有料介助派遣サービス

 このサービスは、公的ヘルパー制度ではなく、制度には乗らず、あらゆる制約等から解放され、対応できるよう考えられた当団体発足以来行ってきている当団体独自のサービスです。

 今迄東京の場合、都独自の介護人派遣制度として、
1
日上限8時間の介護人派遣事業というものがあり、その制度によって多くの障害者が自由に介助を利用し、自分らしいライフスタイルを築き上げてきたのです。

 しかし、支援費制度が施行され都独自の制度も支援費制度に吸収されてしまい、その需要は激減しました。だからといってニーズが満たされたかと言うと、そうではなく、行政側に一方的に時間数を決められ、公的制度では、本当の自分らしい生活を形成することはできなくなっており、このサービスを止めるわけにはいかない状態です。

 本当にやりたいことを実現させるためには、たとえ自腹を切ってでも実現させる、可能性を残しておきたいからです。

 朝起きて、障害の重さに関わらず、1日の生活を始めるために必要な身辺介助や、入浴から就寝まで、介助の必要な障害者の自立生活の基盤を支えるのが介助者派遣です。

 介助は、会員同士の相互扶助という形でケアースタッフ(介助者)利用者共に会員になっていただきます。資格の有無は問いません。

※町田ヒューマンネットワークのテーマは『エンジョイ!自立生活』です。
一枚の着衣を30分かけて自力でするのではなく、着衣は介助者を使って5分で済ませ、後の時間をどう活かすかが自分の「生活設計」であり「自己選択・自己決定」だと考えています。

※このテーマが、いかなる国の政策的弊害があったとしても私達はそれと向き合い、常に障害者主体で生活していけるよう、体制を強化する心積もりでいます。 

 どんなに重い障害があっても何らかのサポートがあれば、地域の中で主体的に生きられるのです。

私たちは❝エンジョイ!自立生活❞を合言葉に、そのサポートを可能な限り行い、自立の道を当事者の立場で模索しながら実現させていこうとする団体です。

ヘルパーステーション・マイライフは同性介助が基本です。

詳しくはお問い合わせください。

042ー724ー8599

開所時間9:30~17:30  (日曜・祝日・年末年始を除く)

主な空きシフト

 随時更新中!!

2019.10.19

更新しました