通勤書類一覧 ※書式のダウンロードはページ下へ

介助者の皆様

 

通勤時のコインパーキング代助成と任意保険証等提出についてのお知らせです。

 

町田ヒューマンネットワークでは通勤時等の事故に対応すべく、通勤規程チームが介助者の皆さんがよりよく安全に介助に向かえるよう取り組んでいます。通勤時に自転車、バイク、自動車をご使用される方にとっては重要な内容になります。ご参照いただき必要書類の提出をお願いいたします。

 

通勤時のコインパーキング代 助成内容

【対象】

「自転車・バイク・自動車」のコインパーキング代(月極駐車場代は対象になりません)

【助成金額】

ガソリン代と合わせて上限1,500円まで

「自宅→自転車で駅→電車→バス→利用者宅」のような場合の駅にとめる駐輪場代も申請できます。

その場合はパーキング、バス、電車の代金を含めて1,500円が上限になります。

【申請方法】

出勤簿(記録票)の交通経路に金額を記入してください。領収書は必要時のみ提出していただきますので、翌月15日まで必ずお手元に保管して下さい。

自動車・バイクの任意保険の内容をご確認ください。

保険の変更、更新の際には必ずご提出をお願いします。

 

①任意保険の【使用目的】が「通勤」になっているか。

※使用目的とは、自動車保険における契約の車を使用する主な目的です。 使用目的の種類は保険会社によって若干異なりますが、基本的には「業務使用」、「通勤・通学使用」、「日常・レジャー使用」の3つがあります。

各保険会社が認める範囲内であれば【使用目的】が「レジャー」でもかまいません。保険会社にお問い合わせの上、その旨記載が確認できる部分をご提出ください。

 

②賠償内容が【対人対物無制限】になっているか。

自動車事故は対人事故でも対物事故でも大きな事故になりやすく、賠償額も巨額となり得ます。補償上限は必ず「無制限」と設定してください。

自転車保険加入をお願いします。

多くの自治体では2020年4月1日より「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が改正され、自転車利用中の事故により、他人に怪我をさせてしまった場合などの損害を賠償できる保険加入が『義務化』されました。 町田ヒューマンネットワークでも利用者さん宅への通勤に自転車を使っている方に、自転車保険の加入とご提出をお願いしています。 

 

①保険は自転車専用保険でなくてもかまいません。

自転車専用保険以外にも、傷害保険、自動車保険、火災保険等の特約として、自転車事故の損害賠償を補償するもの(日常生活賠償補償、個人賠償責任補償等)もあります。まずは、ご自身やご家族が加入している保険の補償範囲をご確認下さい。

 

②損害賠償額について

近年自転車事故による賠償額が、1億円近くの高額損害賠償事故も起きているため、必ず補償額が1億円以上のプランへの加入をお願いします。

※損害賠償額が1億円未満の保険にご加入の方につきましては、早急にプラン変更をお願いいたします。

 

通勤規程閲覧について

通勤規定は事務所内フリースペースにて閲覧可能です。わからないことがありましたら、担当までお問い合わせください。

 

今後とも皆さんが働きやすい環境に努めてまいりますので、ご理解のほどをよろしくお願います。

★原稿の撮り方のポイント.png