安全衛生

安全衛生の基本方針

<その1>

安全衛生活動の推進を可能とするための組織体制の整備、責任の所在の明確化を図る。

 

<その2>

コミュニケーションを積極的に行うことにより、実情に応じた合理的な対策を講じる。

 

<その3>

すべての従業員(アルバイトを含む)に健康診断及び安全衛生確保に必要な研修を実施する。

 

<その4>

上記の実行に当たっては適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施する。