コロナ対策

​利用者さん・介助者の皆様へ

 

いつもお世話になっております。

東京都では緊急事態宣言が解除され、蔓延防止等重点措置へと移行しましたが、新規感染者数はすでに増加傾向が見られ、リバウンドが懸念されています。

基本対策の継続とともに、「混雑・外食・会食」についてはとくにご注意をお願いします。

 

暑くなってきましたので、感染症対策とともに、熱中症予防にもご協力をお願いします。

夏場にマスクをつけて過ごすこと、特にマスクをつけての介助は体に相当の負担をかけます。すでに介助者の方々から「しんどい」という声が届いています。

熱中症リスクを下げるために、利用者の皆様、介助者の皆様には以下の対応をお願いします。

 

●不織布マスクだとより息苦しさを感じる季節になりましたので、TPOによっては布マスクなどに切り替える等の工夫を行なってください。ただしウレタンマスクは飛沫を通しやすいので避けてください。

 

●人との距離が2m以上取れていて、換気ができているときには、意識的にマスクを外す時間を設けてください。鼻を出すだけでも息苦しさが緩和されます。

 

●エアコンをつけながらも、複数の窓を小さく開ける、換気扇を常時回すなど、工夫をしながら2点換気をお願いします。

 

●マスクによって息苦しくなり、放熱が妨げられることで、体温があがりやすくなります。室内ではいつもよりエアコンの設定温度を下げるなどしてください。

 

●気温が30度に近づくと、マスクをつけての外出、マスクをつけて車椅子を押す外出介助は危険です。どうしても必要な場合でも、短時間にとどめてくださるようお願いします。電動車いすの場合は、お互いの距離を開けられるときは開けて、マスクを外してください。

 

●いつもより作業量を減らす、ペースを落とす、休息を多くとれるようにするなどの対応をお願いします。

 

●マスクによって口腔内の湿度が高まるため、喉の渇きを感じにくくなります。意識的に水分補給をするタイミングを多くとってください。

 

●就寝時の介助につきましても息苦しいときは、以下の対策をとった上で、マスクを外すようお願いします。

・利用者と介助者の頭の位置が2メートル以上離れていて(またはしっかりとした仕切りがあり)、常時換気がなされている場合。

 

以上となります。

コロナウィルスと熱中症に気を付けながら、夏場を乗り切っていきましょう。

よろしくお願いいたします。