コロナ禍における熱中症対策について

日々、皆様には新型コロナウイルス感染症対策にご理解ご協力いただき、誠に感謝申し上げます。

うだるような暑さの毎日ですが、皆様体調など崩されておりませんでしょうか。

近年、気候変動の影響等もあり熱中症による救急搬送人員数や死亡者数が増加しており、社会全体で大きな問題になっています。特に、近年は「災害級の暑さ」とも呼ばれる気候になったため日本全体における熱中症による救急搬送人員数がかなり増えております。

熱中症は、正しい知識を身につけることでその発生や重症化を防ぐことができる病気です。

 

夏場にマスクをつけて過ごすこと、特にマスクをつけての介助は体に相当の負担をかけます。熱中症リスク回避のために、以下の対応をお願いいたします。

 

コロナ対策に続き、熱中症対策と皆様にはご負担をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力をお願いいたします。

 

①【エアコンの活用及び、換気について】

熱中症予防のためにはエアコンをご使用下さい。ただし、一般的な家庭用エアコンは空気を循環させるだけで換気はしていないようです。

 

■エアコンがついている環境では換気をする機会が減ることが想定されます。新型コロナウイルス対策のためには冷房時でも複数の窓を開けたり換気扇を使ったりして換気を行う必要があります。この場合、室内温度が高くなりがちですので、エアコンの温度設定を通常より下げるなどの調整を行いましょう。

 

■マスクを着用していることで(フェイスガード等も装着することもあり)、息苦しく、放熱もされにくくなり、体温があがりやすくなります。室温は動いているひとが暑いと感じない温度設定にお願いします。暑い中での介助は集中力を失い、ケガや事故にもつながりやすくなります。暑いと感じた場合は、遠慮なくお伝えください。介助者は暑くても我慢しがちです。「暑い」と言える環境作りにもご協力をお願いします。

 

②【外出時の注意事項】

■夏場、マスクをつけての外出、マスクをつけて車椅子を押す外出介助は危険です。どうしても必要な場合でも、屋外にいる時間は短時間にとどめてください。また、無理をせず、涼しい時間に外出を変更するなど、対応をお願いします。

 

■少しでも体調に異変を感じたら速やかに涼しい場所に移動することが熱中症予防に有効です。屋内の店舗等にすぐに入ることができない場合は、屋外でも日陰や風通しのよい場所に移動しましょう。

 

■外出時は頻繁に水分補給を行いましょう。塩分も大切なので、スポーツドリンクや経口補水液が好ましいでしょう。

 

■高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなります。電動車椅子に同行し屋外で相手と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクを外し休憩することも必要です。

 

③【その他注意事項】

■いつもより作業量を減らしてペースを落とし、休息を多くとれるようにしてください。

 

■マスクをしていることにより湿度が高まるため、喉の渇きを感じにくくなります。意識的に水分補給をするタイミングを多くとってください。

194-0013

東京都町田市原町田2-22-26 プリモ・レガーロ町田1F

MHNtoumei.gif

エンジョイ!自立生活 特定非営利活動法人 

町田ヒューマンネットワーク

tel:042-724-8599 

開所時間 9:30~17:30

(日曜・祝日・年末年始を除く)

 mail:mhn89@nifty.com

  • Facebook